SIMの木

SIMを賢く使いたい人への情報サイト

OCNモバイルONEを3ヶ月使っての料金大公開!

f:id:ikasumix:20150828010847j:plain

softbankからOCNモバイルONEにり換えてから3ヶ月が経ちました。その頃は周りに格安SIMを使っている人がいなかったので、ネットや雑誌で読んで調べてきた訳ですが、ここにきてようやくOCNモバイルONEの実態がわかってきたので解説していきたいと思います。

私がなぜ数ある格安SIM会社の中からOCNモバイルONEを選んだのかという理由は下記のページで解説してます!

 

congaritec.hateblo.jp

 

格安SIM購入を検討している方の参考になるように、料金やサービスについて順を追って徹底的に解説していきます!

利用している[ocnモバイルone 音声通話対応3GB]プラン

一つの格安SIM会社の中だけでも、様々なプランが用意されているので、どのプランが自分にとってお得なのか非常に迷ってしまいますよね。生活スタイルに合ったプランの選び方はこちらにまとめました。

 

congaritec.hateblo.jp

 

 

 

 今回解説していくOCNモバイルONEのプランは、

OCN モバイル ONE 音声対応SIM-3GB/月コース  基本料金¥1800

 音声通話ができて、月々3GBまで高速通信ができるプランになります。

乗り換えた時の初期費用

3キャリアから格安SIMへ本格的に乗り換えようと考えた時に尻込みしてしまったのが、3キャリアから格安SIMに移行する時に3キャリア側に支払う転出手数料格安SIM会社に払う登録手数料でした。

この2つを合算してみると

f:id:ikasumix:20150826235902j:plain

※私の場合はソフトバンクを利用していましたが、3キャリア側に支払う転出手数料は一律3000円ほどです。

合計すると約¥6500の手数料が掛かりました。

乗り換える前の通信料が月額6000~7000円だったので、乗り換えるのに必要なお金は3キャリアの通信料の1ヶ月分と覚えておくと良いかもしれません。

 

初めての格安SIMの請求書内訳

次にOCNモバイルONEに乗り換えて、初めて迎えた支払い書の内訳です。

f:id:ikasumix:20150827000843j:plain

 上から順に見ていきましょう!

 

基本料金

この料金は音声対応SIMでもデータ通信専用でもデータ通信料3GBを選択した時点で一律にかかってくる料金になります。

 

初期工事費用

工事と言われると、大げさな感じがしますが、要するにMNP転入と新規登録手数料です。内訳表の中で最も高額になっていますが、初回のみ支払うものなので我慢するしかないですね。

 

ユニバーサルサービス料金

長いネーミンングの割には安いこの料金は何かと言いますと、電話番号をもっている携帯であれば必ず搭載されている「公衆電話」、「緊急通報(110番、118番、119番)」の利用を維持してくために必要になる費用です。

 

音声通話利用料金

データ通信専用SIMにはなく音声対応SIMに唯一かかってくる料金になります。つまり、音声対応SIMのプランにするためにかかってくる月額利用料金が音声通話利用料金になります。この通話利用料金の中には音声通話をしたときの料金は含まれていないため、通話料は別に加算されていきます。

050Plus携帯通話料

OCNモバイルONEの最強兵器が050Plusアプリを使った格安音声通話です。このアプリ使うことで携帯へや固定電話への電話が半額以下になる優れものです!OCNモバイルONEの音声対応SIMに入っていない人は月々¥300を支払わないと使えないのですが、加入している人は基本料無料で使うことができます!

 

請求書では050Plusアプリを使った通話料も含まれているのがとても便利です。

自分で格安電話のアプリを入れた場合は、クレジットカード登録や、事前支払いが必要にあるので面倒でした。

 

請求書を実際に受け取ってみて、基本料¥1944(税込)に合算されるのもは、

  1. 電話通信料
  2. 050Plusアプリを使った通信料

と考えて間違いないです。

050Plusアプリを使ってみてのまとめ記事はこちら↓

 

congaritec.hateblo.jp

 

 

一気に差が出た2ヶ月目

先月利用料金の解説からすると、この月は新規契約手数料がかからないため¥3000円安くなり、通話した分だけの料金だけが上乗せされていれば良いことになりますね!

それでは請求金額の内訳を見てみると...

f:id:ikasumix:20150828000053j:plain

あれ!なんか項目がいろいろ増えているような...。この状態だと初回との比較が難しいので両方の月を並べて見てみましょう!

f:id:ikasumix:20150828000923j:plain

1ヶ月目にはなかったところを解説していきます!

 

通話料

音声対応SIMということは普通の電話機能を持っていることになります。この普通電話から電話した時の金額になります。050Plusのアプリがあるのになぜ?と思うかもしれませんね...。これは今までの癖で050Plusアプリを使うのを忘れて普通電話を使ってしまったためです。

 

050Plus国内通話料

050Plusアプリから国内の固定電話に掛けたときの利用料になります。

 

SMS送信料(国内)

これも音声対応SIMにすると必ずついてくるショートメール機能になります。

一通3円でメールを送ることができるので、この月は27通のメールのやり取りをしたことになります。33通メールを送ってやっと¥100になるので非常に安いですね。

 

考えていた通り、およそ初期工事費用¥3000を引いた金額が2ヶ月目の金額となっていました。そして、予想外だったのが通話料の金額。普通に電話をすると瞬く間に高額請求されそうな予感。050Plusアプリの凄さを実感することができました。

 

3キャリアの時は、毎月¥7000も支払っていたのが格安SIMだと¥2500円にすることが本当に可能になることがわかっていただけたかと思います!

 

ウハウハの3ヶ月目!

1,2ヶ月目から格安SIMの使い方がわかってきました。

携帯を使うときに意識しておくことをまとめると、

  • 通話をするときは必ず050Plusアプリを使う。
  • 固定電話は長電話しても大丈夫。
  • SMSメールは33通で¥100

この三つを意識した結果3ヶ月目の請求書の内訳は、

f:id:ikasumix:20150828003631j:plain

普通の電話を控えてすべて050Plusに変更したおかげで通話料金はかなり抑えることができました。毎月の基本料は¥1944(税込)は確定で、本当に通話料だけが加算されると考えて大丈夫ということがお分かりいただけたと思います!

 

そして、通話料も賢く使うといままで通りの使い方で¥2000に抑えることができます。3キャリアの時と同じような使い方をしているのに料金は実に3.5ヶ月分に匹敵するこの圧倒的な安さには本当に大助かりです。

2017年の格安SIMカードについてはこちらにまとめました。

料金表も載せていますが、とにかくブランドごとに特徴をまとめているのがポイントです!!

congaritec.hateblo.jp